Life! -Go where nobody goes-

2020年4月より国内ビジネススクールで勉強中。学習内容を中心に読書記録、徒然なる思いを記録するブログ

経営学

【読書メモ】良い戦略、悪い戦略

書名:良い戦略、悪い戦略 著者:リチャード・ルメルト 日本経済新聞社 2012 「戦略の大家」によるタイトル通りの内容の本。 目次の内容だけでも学びがある。 悪い戦略の特徴 ①空疎である 例:顧客中心の仲介業 ②重要な問題に取り組まない=誰もが気づいてい…

【メモ】企業変革力 Dynamic Capability(DC)の強化

以下は経済産業省の製造基盤白書(ものづくり白書)2020年度版からのまとめ ちなみに本白書は事例も豊富で、ビジネスの教科書として非常によくできている。 www.meti.go.jp Dyanamic Capability(以下、DC)はカリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネ…

【読書メモ】「事業を創る人」の大研究

書名:「事業を創る人」の大研究 著者:田中聡、中原淳 出版:2018年 クロスメディア・パブリッシング 世の中にありそうでなく、かつ、自分の実務にも研究にも役立ちそうな本であった。 企業の内側から新規事業を創ることの難しさを、人と組織の側面で実証デ…

【読書メモ】マーケティング10の大罪 フィリップ・コトラー

書名:マーケティング10の大罪 著者:フィリップ・コトラー 2005年 東洋経済新報社 マーケティングの大家の15年前の主張が現在どれだけ有効なのか確認したく、本棚から引っ張り出した。 目次:マーケティング10個の罪 ①市場の定義が不明確で顧客主導になって…

なぜ人材育成が重要か?

リーダーとして常に心を配り、実行しなくてはらならないのは人を育てることである。 以下は私が人材育成が重要であると考える3つの理由である。 ①メンバーの仕事へのモチベーションや組織へのエンゲージメント ②次代のリーダー育成 ③組織の環境適応力の向上…

相手から望む行動を導き出すための6つのテクニック

アメリカの社会心理学者のロバート・C・チャルディーニ「影響力の武器」に基づいたアプローチでは「人を説得し、その人から望む行動を引き出すための武器」には6つのパターンが存在するとしている。 1.返報性(reciprocation) 受けた恩は返したくなる。 2…

モノを考える時のOS 3W1H

クリティカル・シンキング Waht 何が起きているか Where どこに問題があるか Why なぜ問題が起きているか How どのように解決するか What 最大の問題を特定することが最も難しい Where 問題箇所の特定する際にMECE を使う 営業グループ別 午前午後(時間) 年…

2013年経団連タイムス 日本企業がグローバル化でつまずく要因

タイトル通りではあるが、今も問題は変わっていない。というよりも、課題を認識しながらも放置しているという意味では退歩しているかも。 1 もはや競争優位ではない「高品質」に対するこだわり 2 いわゆる「生態系」の構築ではなく、モノしか見てない視野狭…

感度と特異度

孫さんが100万人提供するTweetし、医療崩壊を招くと猛反発に合い、 すぐに引っ込めたPCR検査。そもそも検査というものは100%正確な 結果が出せるとは限らない(偽陽性、偽陰性の発生)ことを社会的に 認知させる必要があるだとう。 医療統計の世界では「感…

まとめ モチベーション理論の変遷

人のモチベーションが成果に影響しているのは疑いようのないことに思われる。 その時々のモチベーションで仕事への向き合い方が左右されてきた経験は多くの人にあるだろう。 モチベーションが何に起因しているのか、米国を中心に50年以上に渡り実証的研究が…

まとめ リーダシップ理論の変遷

リーダーシップ理論については、経営学では基礎事項となっているけれど、ビジネスパーソンでちゃんと学んだことのある人は少ないのではないだろか。 かくいう私も、ビジネスを研究者たちが長い時間をかけてリーダーシップについて実証研究してきたことを最近…

読書メモ THE TEAM 5つの法則

書名 THE TEAM 5つの法則 著者 麻野耕司 2019年 幻冬社刊 Aim(目標設定) Boarding(人員選定) Communication(意思疎通) Decision(意思決定) Engagement(共感創造) という 5つの法則をもとに、成功するチームとはなにかを科学的に解明した本。各法則でポイント…

読書メモ 世界標準の経営理論

書名 世界標準の経営理論 著者 入山章栄 2019 年 ダイヤモンド社 刊 ビジネスコメンテーターとして飛ぶ鳥を落とす勢いの入山先生の最新書。4年間のDHBRの連載をまとめた本とのことだが、最近の時事ネタも含め書き下ろし感がある。 800ページ超え、2900円もす…

読書メモ ザ・会社改造

ザ・会社改造 340人からグローバル1万人企業へ 三枝匡 著 2016年 日本経済新聞出版社刊 12年間に渡ってミスミの経営者として会社を変革させ、グローバル企業に成長させた筆者の経験に基づくドラマ。三部作と言われた「V字回復の経営シリーズ」では、ミドルリ…

読書記録「イシューから始めよ」

イシューからはじめよ知的生産の「シンプルな本質」 安宅和人 2010年英治出版 課題解決の教科書のような本。著者はマッキンゼーを経て、SFC教授とYahooのCSOを兼務している才人。 出だしから、シャープな言葉で身につまされる警句のオンパレードである。 ー…

高橋俊介先生の人材育成論

ホワイト企業 2013年 PHP新書 キャリアの計画的偶発性理論に基づく「自分らしい」キャリアプランを説く著者の書籍に自身も過去に大きな影響を受けた。 本書はブラック企業が社会問題化した時期に、あるべき日本企業の人材育成戦略について論じている。 日本…

リーダーシップにおけるコンティンジェンシー理論

コンティンジェンシーとは不確実性、偶然性のこと。 コンティンジェンシー理論は条件適合理論、状況好意性理論とも訳される。 フィドラーの研究によると、状況要因として ①リーダーが支持されているか ②仕事は構造化されてイレギュラー対応が少ないか ③リー…